ぐっすりBabyとは

こんなことで悩んでいませんか?

 夜中に何度も起きる
 寝かしつけに時間がかかる
 寝ぐずりがひどい
 朝4〜5時には起きてしまう
 一日中の寝かしつけに疲れた
 睡眠時間が短い

ぐっすりBabyは、「自分軸の子育て」を出発点に、睡眠のお悩みを解決するメソッドです。

ぐっすりBabyの睡眠コンサルテーションは3ステップ。

Step1.お悩みとゴールの確認
お悩みの現在地点と理想の未来を確認。なぜ、なんのために睡眠改善をしたいのか?これらを明確にしておくことが、夜泣き改善の鍵でもあり、子育てのぶれない軸につながっていきます。
Step2.生活習慣や寝室環境の工夫
子どもの睡眠の問題には、様々な要因が関わっています。
睡眠スケジュール、ルーティーン、体内時計、寝室環境、寝かしつけ方法、日中の過ごし方、栄養状態、環境の変化、お子さんの成長発達、お子さんの気質、ママパパの心の状態…
医学研究で確かめられた内容をベースに、まずは適切な睡眠スケジュールや環境整備の方法をお伝えします。〜でないとダメ、はありません。一緒に、あなたのご家庭にあった方法を作り上げていきましょう。
Step3.ねんねトレーニングメソッド
必要な場合にはねんねトレーニングメソッドをご提案。お子さんのタイプやママパパのタイプ、またご自宅の環境や生活スタイル、成長後の寝かしつけも考慮して、最適な方法を選択していきます。Step1で明確なゴールをイメージできているからこそ、ねんねトレーニングにも自信を持って取り組むことができます。

睡眠の問題解決のためには、もちろんノウハウも大切ですが、実はママパパの中にある考え方も関係しています。
ぐっすりBabyでは、3ステップの睡眠改善における対話を通して、ママパパ自身に「自分軸の子育て」を考えていただきます。

・いつも正解探しをしてしまう
・本に書いてある通りにできないと不安になる
・周りのお友達と比べてしまう
・数字ばかり気になり、子どもをうまく観察できない
・完璧主義
・子どもにも完璧を要求してしまう

ここで問題の根本を解決しない限り、睡眠の問題が解決したとしても、今度はしつけや教育の場面でまた同じように悩みが顔を出します。だからこそ、この問題をきっかけに、子育てのあり方を考えてみてほしいのです。

子育てに全員共通の正解はありません。
他人になることはできないし、他人と同じようにしても幸せにはなれません。

子育てを通じて、子どもの個性を発見し、ママ自身が成長していくのを楽しんでいきましょう。
ただ我慢するのではなく、子どもをコントロールしようとするのでもなく、良いバランスを探していくことが大切です。
ご家族のよりよい形を作っていきましょう。

これからもずっと続いていく子育てを幸せに過ごすために。
赤ちゃんと、ママ・パパがそれぞれの人生を輝かせるために。

よくあるご質問
Q.ビデオ通話はどのような方法で行うのですか?

「ZOOM」というアプリを使用します。お送りするリンクをクリックしていただければ、どなたでも使えます。

Q.保育園に行っているので、日中のスケジュールが調整できません

大丈夫です。日中のスケジュールの調整方法や土日の過ごし方もアドバイスいたします。

Q.子どもと同じ部屋で寝たいのですが、睡眠の改善は可能ですか?

もちろん可能です。お子さんと同じお部屋で寝るのは良いことです。海外でも、乳幼児突然死症候群のリスクを下げるため、少なくとも生後6ヶ月、できれば1歳までは、ママやパパと同じお部屋で寝ることが勧められています。

Q.添い寝はやめたくないのですが・・・

添い寝でも、工夫次第で寝かしつけを変えることは可能です。添い寝に適した工夫の仕方をご提案します。

Q.夜中の授乳は続けてもいいでしょうか?

もちろん大丈夫です。睡眠を改善するために、完全に夜間断乳をする必要はありません。